時代別の住宅事情を見てみましょう

あの時代の住宅はどうだった?時代別住宅事情

あの時代の住宅はどうだった?時代別住宅事情

家に住む。それは人間であれば特におかしな事ではなく、当たり前の事です。そしてそれは現代に住む我々だけではなく、教科書に載っているような歴史の人物もまた、自宅があり、そこで生活を営んでいたのです。

しかし住居ほど奥深いものはありません。住居は時代を表していると言っても過言ではなく、科学技術などの推移が結晶されていますが、科学が進歩したのは近現代に入ってからです。歴史の教科書に出てくるような時代の人々は、どのような「家」に住んでいたのでしょうか。かつては「竪穴式住居」と言われ、穴を掘ってそこで生活を送っていたと言われている我々の祖先。それがやがては今のように「家」を持つようになったのですが、その時その時によってスタンダードは異なります。今でこそ鉄筋コンクリートが主流となっていますが、ほんの数十年前までは木造建築が一般的でした。

また、当然ですが、冷房もなければ暖房もありません。テレビもなければパソコンもないですし、電話もなければ、ガスもない。そのような時代の住宅事情、生活様式はどのようなものだったのか。それを見ていくとしましょう。今では考えられない生活様相でしょうが、その延長に「今」があるのです。

あの時代の住宅はどうだった?時代別住宅事情

鎌倉時代までは?

鎌倉時代はどうでしょう

室町時代以降

室町時代以降はどうでしょう